住宅ローン審査とクレジットカードについて

本日6位!応援ありがとうございます!!
今日は10位の記事に、ハマっちゃった(笑)!

この記事の所要時間: 431

クレジットカードを持ってると、住宅ローン審査に通りにくくなるって話聞いたことありませんか?

住宅ローン審査と、クレジットカードの関係をちょっと探ってみました。

住宅ローン審査におけるクレジットカードの有無について

住宅ローン審査とクレジットカードの関係

住宅ローン審査というものは、クレジットカードの審査関連とは別物になっています。
クレジットカードが主に、ショッピング関連での出方をするのに対し、住宅ローンとは、つまり収入に対する審査の模様があるのです。

これは、収入が決まった定位置にあるかどうかの査定が入る要項になります。つまり、クレジットカードは、普段の生活に関する金融の審査関連であり、住宅ローンとは、住まいと、その一定の就職状況に起因するものと表現できるのです。

住宅ローンは、老後まで仕事が継続するか、そして、定年まで仕事を継続できるかどうかの、就業状況を査定に入れる仕組みです。

ですので、クレジットカードはよりライフスタイルに近いもの、住宅ローンは、衣食住の関連の中では不可欠である、住環境を示すものと言えます。

つまり、はたらいて定住するには、住まいが必要との観点から、クレジットカードの審査状況より、金額は違いますが、借りやすくはなります。

そして、クレジットカードに保証人の記述はありませんが、銀行から住宅費用をローンとして引き出すときに、その記載が必要になっています。

住宅ローン審査と窓口の違うクレジットカード

住宅ローンの審査は、クレジットカードが書面での申込みが出来るのに対し、銀行窓口で直接交渉するのに等しいものがあります。

つまり、目的型ローンが最短で出来るという謳いがあるのに対し、住宅ローンは審査の関連から、すぐの発行や、すぐの貸出が行われにくい構造になります。

それは、審査の良好さを試すために、就業状態のチェックや、その保証人の状況などに、逐一調べが入るためです。

クレジットカードは主に、ショッピングや、その付帯枠からクレジットキャッシングとして、いわば小規模な借入金が可能になっていますが、住宅ローンは、目的型ローンとして、大規模な借入システムになります。

ですので、借入金がどのように使用されるかについての、問診事項もあります。
それは会社づとめの状況というよりは、住宅をどのように使用し、どの物件を選ぼうとしているのかのチェックが入るのです。

これは、中古物件・新築物件に限らず、行われ、審査状況を借りる人の収入状況とは違った観点から査定しています。

そして、住環境を手にする状況として、理論通りの定住生活が望めるかどうかという、人生設計にまで加わるはなしで、借りる方は状況を説明しなくてはなりません。

住宅ローン審査とクレジットカードの関係

住宅ローン審査にはクレジットカードが関係ない

住宅ローン審査というものは、よりライフラインとしての住環境ですので、その審査が通れば、クレジットカード審査より、基準が軽いとの見方はあります。

ただし、クレジットカードは小規模の借入を扱うのに対し、住宅ローンは大規模な借入金になります。
ですので、クレジットカードの状況がどうであるかは、その一つの審査関連にはなりますが、実際その借り入れ金を家賃と見立てた仕組みにより、就業形態のほうが審査の対象になりやすくなります。

つまり、借入というクレジット審査ラインより、家賃を払い定住できるかどうかの意味として捉えてください。

家賃を収めて家に住むというのは、賃貸物件においても該当しますが、住宅ローンを完済する頃は、その住居が支払い者のものになっています。

これは、銀行が担保としてあずかる物件としての記録になり、払い終われば、その支払者が保有者となるのです。

クレジットカードは、生活の状況が審査の対象ですが、住宅ローンでは、会社からどのくらい支給されているかの給料のチェックがメインになります。

住宅ローン審査の前のクレジットカード審査状況

住宅ローンの審査の前に、クレジットカードの審査状況が不明瞭だったとします。これは、2つに分かれます。

クレジットカードを保有しようとして、審査がおりず、クレジットラインから借入のない人と、クレジットカードを一旦保有して、そのクレジット信用から漏れた人になります。

前者の場合では、収入との関連から、クレジットカードは保有しなくていいという判定でのことですので、住宅ローンの審査とはなんの関わりもありません。
普通に賃貸でも家賃としての支払いができている人であれば、定住は可能になるのです。

それに反し、クレジットカードが未払いとしてあった事由について、クレジットラインの審査を調べるかどうかの判断が銀行からされる場合もあります。

これは銀行系の任意の調べになりますので、あまり直結したものとは考えにくいと思われます。

つまり、クレジットカードが発行後の審査で漏れる場合には、それがクレジット信用関連での傷になっていますが、銀行が住宅ローンの査定で調べるのは、就業状況の方がメインですので、直結しては考えにくいのです。

そして、クレジットカードの借入金がしっかり支払われた状況になっていれば、そのまま住宅ローンの審査を受けても、なんら問題ではありません。

フリーターでも注文住宅で家を建てられる秘訣!

あなたは本気で家を建てたいと思ってますか?

本気なら、あきらめる前にほんの小さな行動でも結構ですから、
アクションを起こしてください!

そのアクションにリアクションが起こり、
そのリアクションがまたあなたのアクションを呼び…。
というふうに、必ず夢に近づけますから!

そう、フリーターでも注文住宅で家を建てられたように!
 フリーターが注文住宅で家を建てられた秘訣を見る!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!