住宅ローン審査と年収のかたち。住宅を手に入れるために

本日6位!応援ありがとうございます!!
今日は10位の記事に、ハマっちゃった(笑)!

この記事の所要時間: 440

住宅ローン審査を有利に進めるためには、自分の年収の形をよく知らなければいけません。

単純に月収×12で計算するだけのものでもないようです。

住宅ローン審査に年収が関わるか

住宅ローン審査に年収の要件

住宅ローン審査に必要な年収の要件というものがあります。これは、年俸制による年収とは違います。
あくまで概算としての年収の提示が必要になります。

そして、この年収の計算方式は、その住宅ローンを組む人に、ボーナスの支給が勤めている会社からあるかという審査になるのです。

つまり、ボーナスがいくらであるかを聞きにくい銀行としては、ボーナスとセットの年収があるのかを知りたいのです。

住宅ローンには、月あたりをその都度組んでしまうと、毎月の家計を圧迫してしまいます。ですので、ボーナス払いを年二回組んでもらうほうが、それからの住宅ローンの支払にちょうどよいという計算になるのです。

つまり、ボーナス払いを加えたほうが、住宅ローンの数十年の計算方式に、家計として助かる意味があるので、年収の数字を提示するというものがあります。

住宅ローンにおけるボーナス払いをセットにするという方式は、高額なローンにおけるそれと同じ様に、年収で計るというよりは、ボーナス払いを加えたほうが、その支払年数の短縮化に役立ちますよという意味になるのです。

実際は月収の審査

年収が少ないからといって、落胆する必要はありません。これは月収の確かなことと、いくらかでもボーナスが、勤務先の会社から支給されているかがポイントになります。

つまり、月収がしっかりとあり、住宅ローンの月払いに対応できるかという審査案件と、ボーナスが適度にあるくらいかという査定条件になるのです。

ですので、年俸や、年収で自分は負けているという感がして、住宅ローンの審査を受けづらいということであれば、それは該当しません。

結局は月収の計算方式にローンの支払が可能かどうかを銀行は見ています。

そして、その月収とのプラスの差額である、ボーナスは年ヶ月分かという具合で判断されるのです。
もちろん月収だけでボーナスがない場合、それだけでも、住宅ローンの通る場合があります。

この住宅ローンはより中古クラスの住宅が対応しています。新築一戸建てであれば、そして土地付きの家屋であるケースは、たしかにボーナスや、年収額の計算が必要ですし、そこまでの高額な住宅ローンは組む必要はありません。

実際住宅ローンが定年を越えてまである時には、その完済時期が遅れると問題になります。

その際は、会社での雇用関連が継続するかどうかの問題ではなく、しっかりと会社定年までに中古物件の住宅ローンを、審査に通すように努力しましょう。

住宅ローン審査では、完済次期のプランも必要です。

住宅ローン審査の補助としての年収

住宅ローン審査に必要な世帯年収

住宅ローンに必要な世帯年収は、実際の住宅の資金としてどのくらい必要かに関わっています。

これは、住宅の必要資金として、一括して当初不動産に払い、その家賃として銀行に返していく仕組みです。つまり、賃貸ではないですが、住宅の総資金の支払い総額をいつ返し終わるかという計算になります。

ですので、その住宅にどの人数が住んでいるのか、そして、家族分の家賃を住宅の不動産に支払わなくてならないのかという、家族での分担形式による、いわば家賃総額の意味になります。

ここでは、世帯年収という言い方で表現され、住宅の総資金を銀行に建て替えてもらい、完済する時期を目指すというものです。
完済した後は、その住宅にいわば家賃なしの状態で済むことが可能になります。

ですので、会社を定年で迎える前に、銀行にその金額を完済しておけば、あとは年金で暮らしていくという方式で楽な老後を迎えることができるのです。

住宅ローンの年収計算は、労働者としての家族が何人居るかも、必要案件になってきます。

サラリーと併せる年収計算

サラリーというのは月収の事です。つまり、月収がしっかりしていれば、年収がそれほどなくても、月あたりの住宅ローンを返していける手はずになります。

新築一戸建てのように、その銀行の審査が厳しい場合もあります。
ですが、これは年収としての計算に、ボーナス手当があるかどうかや、勤務先の会社から手当が他に出ているかどうかのチェック項目になっています。

つまり、会社から住宅手当などが出ていれば、尚良しというものです。

住宅に年収計算だけで釣り合わないときには、年収にサラリーの手堅さがどれほどあるかを証明しなくてはなりません。

つまり、配偶がはたらいている場合や、同居人が労働を行う人であれば、その月あたりのローンにどれくらい参与できるかの判定が必要になるのです。

ボーナスとセットでなくても、その家屋に住む同居人が、どのくらいそのローンに支払に加わることができるかどうかの概算が必要です。

その際は、家族全体の総収入という意味と、家族としての会社からのボーナスがなくても、余剰資金としての月あたりの家計枠があるかを表示する必要があるでしょう。

中古住宅をその後の家族の生活設計で、同居することがわかっていれば、2世帯としての、住宅ローン計算も可能になります。

住宅ローン審査では、家族分のサラリーそれぞれの計算が有効になるケースもあるのです。住宅ローン審査を通すには、その支払に何人参与するかも大きなポイントになります。

フリーターでも注文住宅で家を建てられる秘訣!

あなたは本気で家を建てたいと思ってますか?

本気なら、あきらめる前にほんの小さな行動でも結構ですから、
アクションを起こしてください!

そのアクションにリアクションが起こり、
そのリアクションがまたあなたのアクションを呼び…。
というふうに、必ず夢に近づけますから!

そう、フリーターでも注文住宅で家を建てられたように!
 フリーターが注文住宅で家を建てられた秘訣を見る!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!