住宅ローン審査に一発で通過したいですか??

マイホームの夢をかなえるメールのバナー

住宅ローン審査に通りやすくなるメルマガ!

ご要望にお応えし、ついに始動!!
マイホームの夢に確実に一歩一歩近づくためのメルマガです!

ブログでは語れない、ちょっとグレーな裏技なんかもバラしちゃってますので、
住宅ローン審査に一発通過したいなら必見です!

住宅ローン審査に伴う基準について

この記事の所要時間: 210

住宅を購入する人にとって、住宅ローンとはほぼ必須のものではないでしょうか。キャッシュで住宅を購入できる人の方が限られているでしょう。

ここでは、住宅ローンの種類や、住宅ローン審査の基準などについて記載したいと思います。

住宅ローン審査のいろいろな基準のご紹介

まず、住宅ローンには色々と種類があります。安心感を取る人などによってはフラット35などがおすすめです。これは、金利が35年間一定であるため、しゃかいじょうせいによって金利の変動を受けないというものです。

ただし、随時金利が見直される変動金利と比べると利率が高くなってしまう傾向にあります。
また、35年間は長すぎると考えられる人にとっては、3年、5年、10年などの期間を短くした固定金利もありますので、検討されてみてはどうでしょうか。

次に住宅ローン審査の基準についです。どのような住宅ローン審査が行われていて、基準がどのようになっているのかは非常に気になるところだと思います。住宅ローン審査の基準に満たない代表的な理由は次のとおりです。

返済負担率が計算値を超えてしまっている場合などです。これは、年収に対してローンの返済額の最大値を算出するものですが、もちろん自分の身の丈にあったローンを構築する必要がありますので、あまりにも高いお金を借りることができないという当たり前のことです。

次に、その人自身の信用度が基準を満たしていない場合です。例えばフリーターの人と、公務員などの身分を保証されている人では、全く信用度が違ってきます。平たくいうと、お金を返済してもらえないリスクが多いか少ないかということです。

次に、クレジットカードなどの遅延が多くある場合です。お金の支払いにルーズな人は、もちろん銀行としてもお金を貸したくありませんので、これも当然のことでしょう。

次に、健康状態が良くない場合です。健康に働いているからこそお金を稼げて、銀行は返還してもらえるということですので、病気を持っておられる方などは審査を通りにくいということになります。

最後に担保評価です。ローンを組んだ人が最悪、お金を返せなくなったときに、銀行はその人の土地を抑えて競売にかけます。
そのお金を持ってローンの返済に充てるというものです。土地の評価が低ければローンを返しきれない可能性がありますので、そこを見極められます。

以上、簡単ではありますが住宅ローン審査の基準について説明させて頂きました。これから住宅ローンをご検討されるかたのお力に少しでもなれたらと思います。

住宅ローン審査に有利!有利!!

「あ!これ住宅ローン審査に絶対有利!」
「しかも無料!」
そんなうれしいサービスを見つけたので、
ここまで目を通してくれたあなただけにこそっと教えちゃいます!

最後にこれだけは覚えておいてください!

住宅ローン審査に通りたいのなら、
はじめに「家作り計画書」を、
きちんと作っておくのがおすすめです!

住宅ローン審査に不利になることはひとつもない、絶対有利な「家作り計画書」
あなただけには、絶対作ってほしい!!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!