住宅ローン審査に一発で通過したいですか??

マイホームの夢をかなえるメールのバナー

住宅ローン審査に通りやすくなるメルマガ!

ご要望にお応えし、ついに始動!!
マイホームの夢に確実に一歩一歩近づくためのメルマガです!

ブログでは語れない、ちょっとグレーな裏技なんかもバラしちゃってますので、
住宅ローン審査に一発通過したいなら必見です!

通らない職業でも住宅ローン審査に通りたい!

この記事の所要時間: 215

住宅ローン審査に通る・通らないの結果は、年収・年齢によるだけではありません。

「まだまだ若くて年収をクリアしていても落ちてしまった」というのは、もしかして職業が原因だったのかも知れません。

住宅ローン審査に通らない職業の例

一般的に各金融機関の言う「総合的判断」のひとつが職業なのでしょう。

では、「通らない職業」とは、何でしょうか?

調べによると、何処も誰も共通して挙げるのは「自営業」です。
これは「フリーター」「個人事業主」「家族経営の事業主」「創業3年くらいまでの小さな会社の社長」も含む、としましょう。
「収入が安定しない」ということが第一要因です。

第二に挙げられるのが「トラックの運転手」や「鳶職(建設関係)」など、体を壊しやすい職業です。

第三には「美容師」「不動産屋の営業マン」など、歩合制の職業も厳しいです。

そしてもう一つ意外なのは、「弁護士」「税理士」など、「士」がつく職業と言われています。この大雑把な理由は「実は安定しない!」からです。

ちなみにですが、通りやすい職業とは「医者」「中規模以上の会社の正社員」「公務員」ですので、その逆となりますね。

住宅ローン審査に通らない職業の真相

では、第一に挙げられた「自営業」をさらに探ってみましょう。

住宅ローン審査をする人は、その人の才能や能力について知る術を全く持ちません。
ですが、一般に、あくまで一般に「収入が安定しない」「事業する会社の収入が安定しない」「景気や流行に左右されやすい」と読むのです。

極端な話、東京に住む年収1,000万円の人ですら、フリーターですと住宅ローン審査には通らないと言われます。

さらに話が回転しますが、前節で述べました「弁護士」「税理士」などは、事務所として独立していても、いくら社会的地位が高くても、個人事業主もしくは個人事業主に近い存在なのです。

では、フリーター・個人事業主ではなく、会社化している社長さんはどうでしょう?

この場合、会社の実績や、会社と銀行の取引関係にもよる、と言われています。

また、経営年数が浅く、中規模以上の会社でない場合、倒産リスクについて考えられます。
住宅ローン審査に通るには、少なくとも3年、できれば5年は連続して黒字でいることが望ましいと言われる次第です。

通らない職業でも住宅ローン審査に通るには?

こんなに能力のある人たちですから、声を大きくして叫び求めたいことは、銀行の思考を読んで知ることと、自分あるいは自分たちに合った所を探して住宅ローン審査を受けることです。
応援しています!

住宅ローン審査に有利!有利!!

「あ!これ住宅ローン審査に絶対有利!」
「しかも無料!」
そんなうれしいサービスを見つけたので、
ここまで目を通してくれたあなただけにこそっと教えちゃいます!

最後にこれだけは覚えておいてください!

住宅ローン審査に通りたいのなら、
はじめに「家作り計画書」を、
きちんと作っておくのがおすすめです!

住宅ローン審査に不利になることはひとつもない、絶対有利な「家作り計画書」
あなただけには、絶対作ってほしい!!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!