住宅ローン審査に一発で通過したいですか??

マイホームの夢をかなえるメールのバナー

住宅ローン審査に通りやすくなるメルマガ!

ご要望にお応えし、ついに始動!!
マイホームの夢に確実に一歩一歩近づくためのメルマガです!

ブログでは語れない、ちょっとグレーな裏技なんかもバラしちゃってますので、
住宅ローン審査に一発通過したいなら必見です!

諦める人は住宅ローン審査に落ちる人です!

この記事の所要時間: 217

諦める人は、絶対住宅ローン審査に落ちる人です。

情報を得る努力をしない人も、住宅ローン審査に落ちる人です。

住宅ローン審査に落ちるということ

住宅ローン審査に落ちるということはどういうことか?
ということを考えてみたいと思います。

1. 住宅ローン審査に落ちる人とは?

一般的によく言われている年収的・年齢的要因のほか、他ローンが多い人・職業的に安定していない人・過去に信用事故がある人などは、住宅ローン審査に落ちるかも知れません。
また、その人の信用情報だけでなく、正社員として勤務する勤務先の経営状態や、購入物件の担保価値などが原因となる場合もあります。

もう少し具体的に見てみますと、年収的要因は返済負担率と関わってきて、住宅ローン以外の例えば、車のローン・学資ローン・クレジットカードの分割ローンなどが多いと融資上限額を超えてしまうことになります。
また年齢的要因は、安定して働ける年数と関わりますので、融資を受けられる具合に影響します。高い融資は受けられないかも知れません。

職業的に最も難しいのは、自営業や個人事業主、それに準ずる人です。トラックの運転手・蔦職・美容師・不動産屋の営業マンなども次に続いています。

過去に信用事故のある人は、その履歴が10年残ると言われています。

中規模以上の正社員でも、会社の赤字経営が続いていれば、厳しいものがあります。

また、購入物件の担保価値の高い・低いについては、素人では分かりづらい面があるかと思います。

2. 住宅ローン審査に落ちる人にならないために。

では再度、住宅ローン審査に通るためにはどうしたら良いのでしょうか?

とにかく情報を得て、いくつもの金融機関の条件や傾向を調べ比較することです。また、その努力をすることです。

ノウハウを知り、必要な書類をいくつも揃え、再度住宅ローン審査を受け、通る人は7割を超えると言われています。

逆に諦める人は、ほんの5%、20人に一人なのです。

例えば、変動金利と固定金利の違いについてもっと詳しく知り、フラット35で住宅ローン審査を受け直し、通った人がいます。

また、購入物件を検討し直すことで、通った人がいます。
融資希望額を下げることで、通った人がいます。

信用事故があったとしても、他の金融機関で通ったケースがあります。

大切なことは、自分の条件と合う金融機関を見極め、不安ではなく、安心して住宅ローン審査を受けられることです。また、そのような状態に、変えられることは変え、備えることです。

もう一度言います。
諦める人は、必ず住宅ローン審査に落ちる人です。

住宅ローン審査に有利!有利!!

「あ!これ住宅ローン審査に絶対有利!」
「しかも無料!」
そんなうれしいサービスを見つけたので、
ここまで目を通してくれたあなただけにこそっと教えちゃいます!

最後にこれだけは覚えておいてください!

住宅ローン審査に通りたいのなら、
はじめに「家作り計画書」を、
きちんと作っておくのがおすすめです!

住宅ローン審査に不利になることはひとつもない、絶対有利な「家作り計画書」
あなただけには、絶対作ってほしい!!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!