住宅ローン審査に一発で通過したいですか??

マイホームの夢をかなえるメールのバナー

住宅ローン審査に通りやすくなるメルマガ!

ご要望にお応えし、ついに始動!!
マイホームの夢に確実に一歩一歩近づくためのメルマガです!

ブログでは語れない、ちょっとグレーな裏技なんかもバラしちゃってますので、
住宅ローン審査に一発通過したいなら必見です!

住宅ローン審査落ち体験談最新版!

この記事の所要時間: 219

人の不幸は蜜の味。
そう言うと人聞き悪いですが、他人の失敗から学ぶことも大事です。

そこで、住宅ローン審査落ち体験談最新版を公開!

1.住宅ローン審査の落ち体験談

「カードローンで浪費に浪費を重ねてしまい、どう頑張っても返せない金額の借金を負ってしまい、自己破産となってしまいました。
人並みの生活が送れるようになった頃、結婚して、いざ住宅購入というところで、過去の自己破産がクローズアップしてしまいました。」

自己破産すると、その情報が信用情報機関に登録され、最長10年は記録が残るのだそうです。

「自宅でフリーの仕事をしていましたが、何を説明しても理解してもらえませんでした。」

「車のローンとクレジットのリボ払いが沢山残っていました。ちょっと他の借入が多すぎたのかなぁ?と思っています。」

「携帯料金の滞納を何度かしていました。そういうのは、こういう時にひびくそうですね。」

「勤めていた会社の赤字が続いていました。それが原因なのだそうです。」

「事前審査は甘かったのに、本審査は厳しかったです。もっと前もって情報を得てしっかりしておくべきでした。」

2. 住宅ローン審査を落ち体験談だけで終わらせなかった事例

住宅ローン審査に落ちても、落ち体験談のままで終わらせず、がんばった人の事例をお話しします。

・年齢的に、正社員年数が少なかったケース

「不動産屋からの紹介で住宅ローン審査の申請をしましたが、正社員期間の短さや預貯金の少なさから、どこも審査が通りませんでした。
そんな時に、紹介してもらった所で、再度住宅ローン審査を受けました。最終的には審査が通ったのですが、確定申告の書類や給与明細といった一般的な提出物に加え、様々な書類を提出する必要があって大変でしたね。」

・転職したばかりのケース

「転職に伴い家賃補助が受けられなくなったのですが、子育てのために住宅購入を決意しました。しかし、住宅ローン審査は軒並み通らず諦めかけていた頃、フラット35を紹介されました。転職から日が浅くても「前職と同業種で収入も減っていないので問題ありませんよ」と太鼓判を押され、安心することができました。」

その他、自己破産したケースやフリーターのケースでも住宅ローン審査を受け直し、落ち体験談をそのままで終わらせなかった事例があります。

住宅ローン審査を落ちた人でも、受け直して、他の銀行などで融資を受けられた人は、7割以上もいることがわかりました。

それでも落ちてしまった人は、親や知人に借りた人が15%、諦めた人が5%という統計があります。

住宅ローン審査落ち体験談を是非バイブルにして、克服しましょう。

住宅ローン審査に有利!有利!!

「あ!これ住宅ローン審査に絶対有利!」
「しかも無料!」
そんなうれしいサービスを見つけたので、
ここまで目を通してくれたあなただけにこそっと教えちゃいます!

最後にこれだけは覚えておいてください!

住宅ローン審査に通りたいのなら、
はじめに「家作り計画書」を、
きちんと作っておくのがおすすめです!

住宅ローン審査に不利になることはひとつもない、絶対有利な「家作り計画書」
あなただけには、絶対作ってほしい!!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!