住宅ローン審査に一発で通過したいですか??

マイホームの夢をかなえるメールのバナー

住宅ローン審査に通りやすくなるメルマガ!

ご要望にお応えし、ついに始動!!
マイホームの夢に確実に一歩一歩近づくためのメルマガです!

ブログでは語れない、ちょっとグレーな裏技なんかもバラしちゃってますので、
住宅ローン審査に一発通過したいなら必見です!

理想が具体化される年収600万住宅ローン審査

この記事の所要時間: 225

年収が高ければ、住宅ローン審査に受かりやすいのでしょうか?

ここでは、平均値より高い年収600万円台の住宅ローン審査について考えてみます!

1.日本における年収600万円とは?

日本の平均年収は432万円(2018年度)と言われています。ということは、年収600万円は平均を上回り、マイホームを購入するにあたっても平均以上を望むことができますね。

2. 年収600万円で購入できるマイホーム理想像

「明るい家が良かったので、リビングがサンルームになるよう吹き抜けを作りました。窓もたくさん付けて、夏は日差しが眩しいですが、理想通りになって嬉しかったです。」

「マイホームでこだわった点は、小さくても和室が欲しかったことです。それから、リビングに書斎が欲しかったので、中二階のような所にサンテラスを作って、リビングと一体にしました。」

というようなイメージで、大体3,500万円くらいのお家でしょうか?

3.年収600万円の住宅ローン審査の基準

各金融機関によっても基準は異なりますが、一般に、年収や借入時の年齢など、総合的に判断されます。
なかでも、年収は継続して返済していける能力として重要な要素で、年収600万円という安定した高い年収は、金融機関から「返済能力あり」と判断されるでしょう。

年収600万円は35%の返済負担率(住宅の他、車、その他のローンを含みます)で、1年間の住宅ローン返済額は年収の25%が上限と言われています。
ですので、年収600万円の人は、年間150万円、月額約12万5000円以下の融資が見込まれます。

4.年齢別年収600万円の住宅ローン審査

では、年収600万円として年齢別に、どれくらいの融資を受けられるのか見てみましょう。

変動金利0.625%とし、ボーナス月は1万円プラスで考えてみます。
30歳(返済期間35年)借り入れ額4,588万円
35歳(返済期間30年)借り入れ額3,992万円
40歳(返済期間25年)借り入れ額3,378万円
45歳(返済期間20年)借り入れ額2,744万円

年収600万円の住宅ローンの融資目安は、大体3000万円~4000万円のようです。

5. 年収600万円で購入できるマイホーム具体像

年収600万円あれば、郊外で建売一戸建てを買えるくらいの住宅ローンが組めそうですね。
年収600万円というのは高年収、大企業に勤めている人など信用度が高く、住宅ローン審査も通りやすいという傾向があります。
ただし、返済負担率・返済期間・金利などによって、融資を受けられる金額は変わります。
固定金利と変動金利でも大きな差がありますし、社会情勢によっても変わってきます。

住宅ローン審査で理想が具体化される前に、いろいろな情報を得て、比べてみましょう。

住宅ローン審査に有利!有利!!

「あ!これ住宅ローン審査に絶対有利!」
「しかも無料!」
そんなうれしいサービスを見つけたので、
ここまで目を通してくれたあなただけにこそっと教えちゃいます!

最後にこれだけは覚えておいてください!

住宅ローン審査に通りたいのなら、
はじめに「家作り計画書」を、
きちんと作っておくのがおすすめです!

住宅ローン審査に不利になることはひとつもない、絶対有利な「家作り計画書」
あなただけには、絶対作ってほしい!!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!