住宅ローンの返済負担率の簡単ザックリ計算方法

本日11位!応援ありがとうございます!!
今日は2位の記事で、住宅ローン借換の注意点を6個学んだぞ!

この記事の所要時間: 050

住宅ローンの返済負担率から導き出される借り入れ可能額には、こんな落とし穴がある!

住宅ローンの返済負担率を計算してみよう!

住宅ローン返済負担率の計算中

住宅ローンの返済負担率の計算方法は、
返済額÷収入
です。

別に年間だろうが一ヶ月だろうが、
割合ですから一緒です。

でも間違ってはいけないのは、
返済額とは借入額ではないってことです。

例えば3000万円借りたら、
利息が付くんですから返済額はもっと高くなります。

そして、銀行は
返済負担率30%を目安
にしているところが多いようですが、
返済負担率とはあなたの借入額すべてだと言うことも
忘れないでください。

他でローンを組んでいると、
その分住宅ローンからマイナスされてしまいます。

また、仮に銀行が、
返済負担率30%になる住宅ローンを
あなたに融資してくれたとしても、
その金額をあなたが毎月返済できるのかは、
別問題
だと言うことも忘れないでください。

住宅ローン審査が有利になる信用作り!

住宅ローン審査に一番大事なのは、
あなたの信用です!

金融機関に信用してもらうためには、
資金計画書などを書面でしっかり提出するのが一番!

「でも作るのは大変だし、
素人が作った資金計画書で大丈夫なのかなぁ・・・?」

そんなあなたに、
こんなへんぴなところまでしっかり目を通してくれたあなたにだけ(笑)!
感謝をこめて、ぼくも利用した超使えるサービスをこっそり教えちゃいます!

資金計画書も含めた「家作り計画書」を、
なんと無料で作成してくれるうれしいサービスがあるんです!

最近ちょっと混み合ってて時間がかかるかもしれませんが、
それでも家作り計画書は作ってもらったほうが、最終的には夢への近道になりますよ!

作らないで泣きを見るより、作ってマイホームの夢に近づきましょ!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!