注文住宅の値引き交渉はタイミングが命!

本日8位!応援ありがとうございます!!
今日は3位の記事に、なるほど!

この記事の所要時間: 151

あなたは注文住宅は値引できないと思っていませんか?

マイホームのような高い買い物ほど、上手に値引交渉をするべきです。ただ注意点はそのタイミングなんですよね。

注文住宅値引き交渉のベストタイミングとは?

賃貸住宅の値引交渉はお任せ!

注文住宅は人生一といっていいほどの大きな買い物ですから、
値引き交渉も上手にやって少しでも安く購入したいですよね?

ただ建売の場合と違って
注文住宅はまだ現物がありませんから、
最初から「安く安く!」と言ってると、
「うちでは出来ません!」
と、簡単に断られたり、
ただ安っぽい家が出来ちゃったりしますので、
注文住宅の値引き交渉はタイミングに気をつけましょう!

注文住宅の値引き交渉のベストタイミングは、
なんと言っても契約直前です!

ほぼほぼ間取りや仕様も決まって見積り金額も出てきたら、
営業マンも契約はほぼ取れた気でいますから、
何とか成約できるように、
がんばって上司にお願いして見積りを値引きしてくる可能性が大なんです!

ここで最も簡単な値引き交渉の方法は、
なんと言っても
複数業者の相見積りで競争させることですね。

ぼくはこの方法で、
150万円以上の値下げ+壁面タイル施工
と言うオプションをゲットしました!

ちなみにぼくが選んだハウスメーカーは新昭和のウィザースホームでしたが、
最後の最後まで戦わせた相見積りの相手は、
アイダ設計でした。

アイダ設計はぶっちゃけ最後の値下げ合戦では絶対音を上げません(笑)!

しかもかなり大幅な値下げをしてきますので、
相手はかなりギリギリまで値下げしてくれます。

正直、
「何でここまで安くできるんだろう?」
って、値下げ交渉してるこっちが怖くなるほどでした(笑)。

で、実際あまりにも簡単に見積り金額が下がるので、
怖くなって辞めちゃいました(笑)!

値下げしすぎるのも考え物ですよね?

ただあなたが契約直前で少しでも値下げしたければ、
今お持ちの間取り図を持ってアイダ設計に行って、
「これを激安で建てる見積もりをしてください!」
って言えば
値下げ交渉に最強の武器を手に入れられると思いますよ!

住宅ローン審査が有利になる信用作り!

住宅ローン審査に一番大事なのは、
あなたの信用です!

金融機関に信用してもらうためには、
資金計画書などを書面でしっかり提出するのが一番!

「でも作るのは大変だし、
素人が作った資金計画書で大丈夫なのかなぁ・・・?」

そんなあなたに、
こんなへんぴなところまでしっかり目を通してくれたあなたにだけ(笑)!
感謝をこめて、ぼくも利用した超使えるサービスをこっそり教えちゃいます!

資金計画書も含めた「家作り計画書」を、
なんと無料で作成してくれるうれしいサービスがあるんです!

最近ちょっと混み合ってて時間がかかるかもしれませんが、
それでも家作り計画書は作ってもらったほうが、最終的には夢への近道になりますよ!

作らないで泣きを見るより、作ってマイホームの夢に近づきましょ!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!