住宅ローンの繰上げ返済と貯金はどっちが良いでしょう?

本日8位!応援ありがとうございます!!
今日は3位の記事に、なるほど!

この記事の所要時間: 313

住宅ローンの繰上げ返済なんて絶対すべきではありません!

住宅ローンを繰上げ返済するくらいなら、貯金するかそれよりももっといい手があります!

住宅ローンの繰上げ返済とは?

住宅ローンを繰り上げ編さするか貯金するか悩んでいる男のイメージ

住宅ローンの繰上げ返済とは、
月々の支払い額より多く返済することです。

基本的にはまとまった額、
例えば100万円たまったから返す。
とかすることが多いです。

ただ最近は、
「繰上げ返済手数料無料!」
とか、
「繰上げ返済1万円から可能!」
なんて住宅ローンも多いので、
気軽に繰上げ返済する方も多いようですね。

そして繰上げ返済するお金は、
すべて元金に当てられるので、
確実に返済期間が短くなります。

その結果、
大幅な支払い利息の節約が出来るので、
繰上げ返済をおすすめする
ファイナンシャルプランナーが多いです。

ただ、繰上げ返済はすべきと言う常識は、
信じてよいのでしょうか?

繰上げ返済すると損する場合もある?

銀行によっては、
繰上げ返済手数料を高く取るところもありますので、
頻繁にやると損ですね。

また住宅ローン控除の期間が残っている場合は、
よく計算しないと控除が少なくなって、
かえって損する場合もあります。

繰上げ返済と貯金はどっちが良いか?

繰上げ返済と貯金のどっちが良いかは、
皆さん悩むところのようですね?

ぼくの個人的な意見を言わせてもらうと、
絶対繰上げ返済はしないことをおすすめします!

なぜなら
いざと言うときある程度の現金があった方が良いのと、
家族のことを考えると、
貯金を残しておいた方が絶対良いからです!

例えば、
あなたが3000万円の住宅ローンを
20年で借りてるとします。

10年後、
一生懸命貯金して、
繰上げ返済により完済したとします。

さて、
完済した次の日、
あなたが交通事故で死んでしまったらどうなるでしょう?

もちろんマイホームは家族のものですが、
貯金は一切ありません。

次に、
ぼくが同じ住宅ローンを借りてるとします。

10年後、
一生懸命貯金して、
1500万円貯まったとたんに死んだとします。

この場合はどうなるでしょう?

住宅ローンの残債は、
団信で完済されます。

そして貯金は1500万円丸々残ります。

あなただったらはどっちがいいですか?

繰上げ返済よりも貯金よりも投資だ!

ぼくが住宅ローンで一番不思議に思うことは、
ファイナンシャルプランナーとか言う人たちが、
こぞって繰上げ返済をすすめることです。

住宅ローンは絶対繰上げ返済なんてしない方がいいです!

だって、こんなに低金利で借りられるローンなんて、
他にありませんよ?

住宅ローンを繰上げ返済して
支払利息を減らすくらいなら、
そのお金を投資して増やした方が良いに決まってます!

いまどき変動金利なら
住宅ローンの利率は年利1%程度でしょう。
イヤ仮に2.5%だって良いです!

ちょこっと調べれば、
ほとんどリスクがないといってもいい投資信託ですら、
実質年利3%程度の分配金がもらえる商品はいくらでもありますよ?

もちろんリスクが0だとは言いませんが、
ちょっと勉強すれば
この程度のリスクをコントロールすることは出来るでしょう。

住宅ローンは、
タダみたいな利息でお金を融通してもらえて、
しかも
タダで生命保険に入っていられる
すばらしい金融商品なんです。

こんなすばらしいローンを
なるべく早く返すことを薦める
おバカなファイナンシャルプランナーの意見なんて
聞かないほうが良いですよ!

本当に出来るファイナンシャルプランナーなら、
繰上げ返済するお金を、
もっと上手に運用できる
投資商品をご紹介してくれるハズですから。

住宅ローン審査が有利になる信用作り!

住宅ローン審査に一番大事なのは、
あなたの信用です!

金融機関に信用してもらうためには、
資金計画書などを書面でしっかり提出するのが一番!

「でも作るのは大変だし、
素人が作った資金計画書で大丈夫なのかなぁ・・・?」

そんなあなたに、
こんなへんぴなところまでしっかり目を通してくれたあなたにだけ(笑)!
感謝をこめて、ぼくも利用した超使えるサービスをこっそり教えちゃいます!

資金計画書も含めた「家作り計画書」を、
なんと無料で作成してくれるうれしいサービスがあるんです!

最近ちょっと混み合ってて時間がかかるかもしれませんが、
それでも家作り計画書は作ってもらったほうが、最終的には夢への近道になりますよ!

作らないで泣きを見るより、作ってマイホームの夢に近づきましょ!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!