注文住宅で契約後の値引交渉をスムーズにするための準備

本日5位!応援ありがとうございます!!
今日は12位の記事に、へーっ!

この記事の所要時間: 42

注文住宅は、一度契約をしてしまうと追加工事などで見積りがどんどん高くなる傾向があります。

ところが、契約前にちゃんとした準備をしておくことで、注文住宅でも契約後に値引交渉をスムーズに進めることが出来るコツがあるのです!そのコツとは・・・

注文住宅で契約後の値引交渉を行うための契約前にする準備とは?

注文住宅契約後の値下げ交渉

注文住宅は、
建売住宅と違って現物がない時点での価格交渉になりますから、
素人には非常に条件が厳しいです。

営業マンも
契約前には優しい顔でがんばって値引に応じてくれたりしますが、
一度契約してしまうと、
とたんに態度が変わり強気になってきます。

まして相手はプロ、
こちらは素人ですから、
中々上手に太刀打ちできず、
言われるがままに見積り金額は跳ね上がって行きます!

そうならないためのポイントは、
契約前の段階で、
最終的な間取りや設備、
仕様をきちんと決めておくことです。

契約前と何も変更がなければ、
基本的には見積りが高くなることはありませんから。

基本的にはと言ったのは、
それでも突発的な理由で
どうしても追加工事などが発生して、
見積りが高くなることがあるからです。

そんな場合のためにも、
契約後に値引交渉が出来るための
事前準備をしておく必要があるのです。

契約前にする値引のための具体的な準備とは?

その準備とは簡単に言えば、
余分なものを盛り込んでおいて、
契約前に出来る限り値引をしておく

ということです。

そうすれば契約後に、
「これやっぱりいらない!」
「これもやっぱりいらないから、見積りから引いといて!」
って、
簡単に値引することができるのです。

例えば、キッチンやお風呂のグレードを、
あなたが本当に欲しいと思うものの、もうワンランク上の物を注文しておくとかです。

考えてみると簡単ですよね?

あまりやりすぎると営業マンも記を悪くしますし、
契約前の金額が高くなりすぎても
肝心の住宅ローンがその金額で降りなければ意味がありませんので、
そのあたりの駆け引きは必要になりますが。

また、重要なポイントとして、
本当に欲しい家の最終形態や設備の仕様は
きちんと盛り込んでおきつつ、
上手にいらないものを付け加えておきましょう。

じゃないとあとで
「あ、これいらないけど、これ欲しい!」
とか、
「あれも必要だった!」
なんてことになって、
結局見積もり金額が上がっちゃう
なんてことにもなりかねませんから!

また、
割と大幅に値下げ交渉が出来て、しかも後で失敗がしにくい、
実際にぼくがやった方法をひとつ
このブログを読んでくれてるあなただけにこっそりと教えちゃいます(笑)。

その方法とは・・・、

ぼくが実践した注文住宅契約後の簡単値下げ交渉術とは・・・?

さて、
ではあなただけにこっそりと、
ぼくが実際にやってみて大成功を収めた
注文住宅契約後の値下げ交渉術を教えちゃいますと・・・。

壁を多く見積もらせる!
ってことです。

え?
意味分かりませんか?

そうですよね、
これだけじゃ意味分かりませんね。

では説明していきますと、
例えば、本当は開放的な家にしたいと考えていても、
契約前の段階では、
あらゆる部屋の間を壁で仕切っちゃう
のです。

簡単なのは
キッチンとダイニングとリビングですね。

最近の家は大抵、
リビングダイニングキッチンとひとつの部屋になってますが、
これを別々の部屋に仕切っておくのです。

そうして契約後に、
「やっぱり開放的なリビングダイニングキッチンがいいわ!」
とかしれっと言って、壁を取っ払うのです。

そうすれば
壁2枚分の材料費、
施工費が簡単に値下げできます。

そのほかには、
お子さんが2人以上いる場合には、
契約前は二部屋の間取りにしておいて、
契約後は大きな一部屋にするんです。

そして
お子さんが小さいときは大部屋で、
大きくなったら
部屋を間仕切れるクローゼットなどを使用するんです。

この方法のいいところは、
交渉が苦手でも
必ず値下げが出来ることです。

だって機械的に、
見積りの数字を削ればいいだけですからね!

営業マンも断る理由がありません!

P.S.

ただ気をつけなければいけないことがひとつだけ!

ツーバイフォー住宅でこれをやるときは、
 耐力壁がどれかをきちんと聞いておかないといけません。

契約後にあなたが、
「あ、この壁やっぱり要らない!」
って言っても、
営業マンに、
「その壁取っ払うと家がつぶれます!」
なんて言われることにもなりかねませんから(笑)!

住宅ローン審査が有利になる信用作り!

住宅ローン審査に一番大事なのは、
あなたの信用です!

金融機関に信用してもらうためには、
資金計画書などを書面でしっかり提出するのが一番!

「でも作るのは大変だし、
素人が作った資金計画書で大丈夫なのかなぁ・・・?」

そんなあなたに、
こんなへんぴなところまでしっかり目を通してくれたあなたにだけ(笑)!
感謝をこめて、ぼくも利用した超使えるサービスをこっそり教えちゃいます!

資金計画書も含めた「家作り計画書」を、
なんと無料で作成してくれるうれしいサービスがあるんです!

最近ちょっと混み合ってて時間がかかるかもしれませんが、
それでも家作り計画書は作ってもらったほうが、最終的には夢への近道になりますよ!

作らないで泣きを見るより、作ってマイホームの夢に近づきましょ!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!