こだわりの注文住宅は住宅ローン審査に落ちる!

本日11位!応援ありがとうございます!!
今日は2位の記事で、住宅ローン借換の注意点を6個学んだぞ!

この記事の所要時間: 36

注文住宅を建てるなら、とことんこだわりたいと思う人が多いでしょう。
ただし、あまりこだわりすぎると、肝心の住宅ローンの審査に落ちるかもしれませんよ!

こだわりの注文住宅は住宅ローンの借入額が高くなる!

こだわりの注文住宅

こだわりとは、人とは違う事が多ですよね?
周りの人と同じでいいのなら、拘る必要はないんですから。

例えばマイホームで言うのなら、こだわりがなければ、
中古住宅だって建売だっていいわけですよね?

何も高いお金を払って、
注文住宅を建てる必要はないわけです。

注文住宅は、建売などに比べたらただでさえお金がかかるのに、
こだわりを詰め込めば詰め込むほど、

費用はどんどんかさんでいきます!

さて、そのかさんだ費用をどうするかって、
住宅ローンの借入額を増やすしかないわけですが、
(いやもちろん自己資金が豊富にある人は問題ないですけど、
そんな人はおそらくこのブログは読んでないと思われますので(笑)!)
ここに落とし穴が待ってるわけですね!

こだわりの注文住宅はなぜ住宅ローン審査に落ちるのか?

住宅ローンの審査で大事なポイントは、
その物件の価値が借入額の担保になるのかどうか?
です。

住宅ローンを貸し出す銀行としてみれば、
万が一その住宅ローンの返済が滞ったときに、

担保にした土地と家を売り払って、融資した金額を回収できるのか?
が審査のポイントになるわけです。

なので、担保物件は人気物件のほうがいいわけですよね?

ところが、こだわりの注文住宅は
建てた本に人にとってはこれ以上ない価値があるかもしれませんが、
他の人、一般的にはかえって価値がない場合は多々あるわけです。

一般的に価値がない物件ということは、
つまり査定額が低くなるということです。

しかも、こだわりの注文住宅は
査定額が低い上に、なかなか売れないというリスクも考えられます。

結果、
銀行としては、住宅ローンの審査に通しにくくなる、
つまり、住宅ローンの審査に落ちやすくなるわけです。

こだわりの注文住宅でも住宅ローン審査に通るには?

大抵の人にとって見れば、
家を買うなんて、一生に一度あるかないかのことですよね。
まして注文住宅を建てるとなったら、なおさらです。

なのに、妥協するのか?

なかなかそうはできませんよね?

そこで、注文住宅にこだわりを詰め込んで、
なおかつ住宅ローン審査に有利になる方法があればいいわけですが、
そんな便利な方法、あると思いますか?

まぁ、こんな事書いてるんですから、
おわかりかと思いますが、

あるんです!

ポイントは、
あなたのこだわりを、プロに上手にカタチにしてもらうってこと!

マイホームは自分が住む家なんですから、
ワガママはいくら言ってもいいんですが、

やっぱりプロの意見は聞くべきってことなんですね。

ただ単に、あなたのワガママを詰め込んだ家は、
あなた以外には住みにくい価値の無い家になるかもしれませんが、

そこにプロの意見を取り入れると、
素晴らしい価値が生まれることがあるそうです!

あるそうですって、なんだか無責任な感じがしますが、
実はぼくもあるサイトを見て納得したんです。

注文住宅に価値をもたせるポイントは、
ゾーニング
が、大事らしいですよ?

あなた、聞いたことありました?
ゾーニング!?

聞いたことなかったら、まずは
こだわりを詰め込んだ注文住宅を予算内で気合で建てたわたしの方法
というサイトをチェックしてみてください。

家造りのための無料冊子とかももらえるようですし、
なかなか目からウロコのサイトでしたよ!

住宅ローン審査が有利になる信用作り!

住宅ローン審査に一番大事なのは、
あなたの信用です!

金融機関に信用してもらうためには、
資金計画書などを書面でしっかり提出するのが一番!

「でも作るのは大変だし、
素人が作った資金計画書で大丈夫なのかなぁ・・・?」

そんなあなたに、
こんなへんぴなところまでしっかり目を通してくれたあなたにだけ(笑)!
感謝をこめて、ぼくも利用した超使えるサービスをこっそり教えちゃいます!

資金計画書も含めた「家作り計画書」を、
なんと無料で作成してくれるうれしいサービスがあるんです!

最近ちょっと混み合ってて時間がかかるかもしれませんが、
それでも家作り計画書は作ってもらったほうが、最終的には夢への近道になりますよ!

作らないで泣きを見るより、作ってマイホームの夢に近づきましょ!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!