住宅ローン融資担当者と人脈をつくり審査に通る裏技

本日11位!応援ありがとうございます!!
今日は2位の記事で、住宅ローン借換の注意点を6個学んだぞ!

この記事の所要時間: 255

住宅ローンの審査をするのももちろん人間ですから、やっぱり昔なじみのお付き合いがある人の方が審査に通りやすいと言うものです。

そこで、そんな人脈を今から作る方法があるとしたら、あなたは実践してみたくないですか?

やっぱりねらい目はベテランの住宅ローン融資担当者!

住宅ローン融資担当者とがっちりタッグ!

あなたが住宅ローンに通らない理由のひとつとして、
ハウスメーカーや工務店の選び方が悪いと言うことを、
「あなたが住宅ローンの審査に通らないあなたに無関係な理由とは?」
で、以前に説明しました。

今回は
ハウスメーカーや工務店のおかげで、
住宅ローンに通ることもある

ということをお話させていただきます。

まず覚えておいて欲しいことは、
住宅ローンの審査に通るか通らないかは、
その住宅ローンの担当者にかなり影響を受ける
と言うことです。

ベテランの融資担当者が付いてくれれば、
住宅ローン審査にも通りやすくなりますし、
新米担当者だといろいろ失敗もあるようです。

また、相手も人間ですから、
いくらベテラン担当者でも
常に100%の力を発揮してくれるかどうかは分かりません。

そこで、
なるべくベテランの融資担当者にあたり、
なおかつなるべく
全力を尽くしてもらう方法
をご紹介しましょう!

ベテラン融資担当者に全力を出してもらう方法とは!?

その方法とは、
住宅ローンの担当者と人脈を作る!
と言うことです。

もしあなたの親戚や友人に、
住宅ローンの融資担当者がいれば
絶対その人に頼むべきです。

でもそんな便利な人脈をもっている人は中々いないですし、
持っていたらすでに活用しているでしょうから、
この文章を今読んでいることはないでしょう(笑)。

そこであなただけに、
住宅ローンの融資担当者の人脈を作る裏技
を、こっそりと教えちゃいます(笑)!

ベテランの住宅ローン融資担当者と人脈を作る裏技とは!?

その裏技とは、
ハウスメーカーや工務店を決める前に、
そこの営業マンに、
「お付き合いのある銀行の営業マンはいますか?」
と聞いてみることです。

相手も会社ですから、
もちろん銀行とはお付き合いもあるでしょうが、
特別仲の良い、出来れば住宅ローンの融資担当者がいるかどうか聞いてみるのです。

別に遠慮することはありません。

ハウスメーカー側だって、
あなたに住宅ローンが降りなければ
あなたが家を購入できないのは重々承知ですから。

ちなみにぼくの場合は、
中央労金で住宅ローンを融資してもらい、
新昭和のウィザースホームで注文住宅を新築したのですが、
中央労金と新昭和は業務提携をしていたらしく、
中央労金はかなり新昭和を信頼しており、
その点でとても有利な展開になりました。

やはり銀行や融資担当者は、
以前に住宅ローンでお付き合いをしたことのある
ハウスメーカーやその営業マンを信用しやすいようです。

ですから、
もしあなたが住宅ローンの審査に通るか通らないか
不安な要素があるのであれば、
その旨を正直にハウスメーカーや工務店に打ち明けましょう。

そこであまり自信のないハウスメーカーだったら、
おそらくやんわりと断ってくると思います。

正直に打ち明けえた上で、
「融資担当者に知り合いがいるので、
ねじ込んでみますよ!」

とか自信満々に言ってもらえたら、
それは結構脈アリかもしれませんよ!

住宅ローン審査が有利になる信用作り!

住宅ローン審査に一番大事なのは、
あなたの信用です!

金融機関に信用してもらうためには、
資金計画書などを書面でしっかり提出するのが一番!

「でも作るのは大変だし、
素人が作った資金計画書で大丈夫なのかなぁ・・・?」

そんなあなたに、
こんなへんぴなところまでしっかり目を通してくれたあなたにだけ(笑)!
感謝をこめて、ぼくも利用した超使えるサービスをこっそり教えちゃいます!

資金計画書も含めた「家作り計画書」を、
なんと無料で作成してくれるうれしいサービスがあるんです!

最近ちょっと混み合ってて時間がかかるかもしれませんが、
それでも家作り計画書は作ってもらったほうが、最終的には夢への近道になりますよ!

作らないで泣きを見るより、作ってマイホームの夢に近づきましょ!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!