注文住宅でオプションを無料にする値引き方法実践法則大公開!

本日11位!応援ありがとうございます!!
今日は2位の記事で、住宅ローン借換の注意点を6個学んだぞ!

この記事の所要時間: 232

注文住宅での値引交渉は、事前準備とタイミングとコツ、それから引き際が肝心です!

注文住宅の値引交渉は事前準備が必要!

これだけオプション無料で付けますから!

注文住宅での値引交渉のタイミングは、
なんと言っても契約直前になります。

ただ契約直前になって、
「もっと安くしてくれ!」
と言ったところで、
「はい、そうですね。」
とは中々なりません。

注文住宅での値引交渉は
それなりの前振りと言うか、
事前準備が必要です。

注文住宅の値引交渉の事前準備とは?

注文住宅で値引交渉をするための事前準備とは、
とにかくオプションで付けたいものを、
見積りしまくってもらうことです。

もちろんこの段階では
高い見積りが上がってきます。

なので、
この段階では軽く値引交渉して、
値引率に満足できるものだけ付けてもらいましょう。

ただ見積りをしてもらった中で、
一番付けてもらいたくて、
なおかつ一番高いものは、
「予算の都合でどうしても無理。」
と、
残念極まりないと言った体で、
泣く泣く諦めた振りをしましょう。

契約直前の相見積りで値引交渉開始すると・・・

契約直前の最終段階では、
もちろん相見積もりは欠かせません!

契約直前の相見積りの方法は、
「注文住宅の値引き交渉はタイミングが命!」
をご覧ください。

ハウスメーカーには酷なようですが、
基本的に見積りには
値引代があらかじめ設定されていますので、
むしろ値引交渉しない方がなめられます。

はじめに作る見積価格なんてものは、
基本的にはボッタクリ価格になってます。

ハウスメーカーだって、
損するほどの値引はしませんので、
堂々と値引交渉をしましょう。

値引交渉は、
相見積もり業者を2~3回程度戦わせてみましょう。

そのうち金額的価格交渉が無理になってくると、
向こうから、
「halloさん、
壁面タイル施工したがってましたよね?」

とか言い出してきます。

そこで、
「えぇ、
でも思ったより高いんで諦めたんですよね……。」

とか何とかさらりと言います。

すると、
「あれ、
無料で付けさせていただきますので、
何とか弊社でhalloさんのおうち
造らせていただけませんか?」

と言った、
オプション無料作戦に突入してくるんです(笑)!

オプション無料は、
こちらにとっては結構大きいですが、
ハウスメーカーにとっては、
価格を直接値引するより
実際の値引額が少なくてすむんです。

このカラクリについては、
「価格交渉は直接値引よりオプション無料の方がうまくいく理由とは」
で説明しています。

値引交渉の引き際決め際のタイミングを見誤ると・・・

正直ここまで交渉が進むと、
もう価格値引は期待できません。

これ以上無理を言っても、
今後の関係が悪くなってしまいます。

ここら辺で、
あなたが納得できるのなら、
気持ちよく感謝をこめて、
契約させていただきましょう!

住宅ローン審査が有利になる信用作り!

住宅ローン審査に一番大事なのは、
あなたの信用です!

金融機関に信用してもらうためには、
資金計画書などを書面でしっかり提出するのが一番!

「でも作るのは大変だし、
素人が作った資金計画書で大丈夫なのかなぁ・・・?」

そんなあなたに、
こんなへんぴなところまでしっかり目を通してくれたあなたにだけ(笑)!
感謝をこめて、ぼくも利用した超使えるサービスをこっそり教えちゃいます!

資金計画書も含めた「家作り計画書」を、
なんと無料で作成してくれるうれしいサービスがあるんです!

最近ちょっと混み合ってて時間がかかるかもしれませんが、
それでも家作り計画書は作ってもらったほうが、最終的には夢への近道になりますよ!

作らないで泣きを見るより、作ってマイホームの夢に近づきましょ!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!