住宅ローンの固定金利とは賢い選択ではない!?

本日8位!応援ありがとうございます!!
今日は3位の記事に、なるほど!

この記事の所要時間: 222

住宅ローンの固定金利とは何でしょう?

一般的に固定金利を選ぶほうが優等生っぽく思われていますが、それって銀行にだまされてないですか?

住宅ローンの固定金利とは!?

変動する利息を固定してリスクヘッジ

住宅ローンの固定金利とは、
借り入れたときの金利が
支払いが終わるまで続くと言うものです。

変動金利の住宅ローンとは対照的なものですね。

住宅ローンの固定金利には種類がある

一口に固定金利といっても、
実は次3タイプの固定金利住宅ローンがあります。

  •  全期間固定型
  •  固定金利期間選択型
  •  段階金利型

一つ目の全期間固定型は
分かりやすいですよね?

一度借りたら、
その金利が支払い終わるまで続くものです。
ただし、
金利が高めに設定されています。

二つ目の固定金利期間選択型というのは、
2年、3年、5年、7年、10年など銀行によって選べて、
その期間だけ金利が固定されます。

そして、その期間が終わったら、
変動もしくは再度選びなおすと言うものです。

ぼくにはこのタイプのメリットが分かりません。

しいて言うのなら、
期間中の金利優遇キャンペーンとかやってる銀行が多いです。

ただ、固定期間の終了とともに、
キャンペーン金利も終了する住宅ローンが多いです。

と言うことは、固定期間の終了とともに、
変動金利になるわけですから、
だったら最初から変動金利の住宅ローンを借りたほうが、
圧倒的に金利は安いハズです!

3つ目の段階金利型というタイプは、
固定金利が2段階で設定されています。

例えば最初の10年は1.0%
11年目以降から2.0%になるといったものです。

これもぼくにはなんだかよく分かりません。

銀行のセールストークでは、
「金利が上がるのが1度だけなので、返済計画を立てやすい。」
とか書いてあります。

だったら
全期間一定で固定の方が良いに決まってます(笑)!

以上固定金利のザックリとした用語説明でした。

結局のところ固定金利は
金利が高く設定されていますので、
このブログを読んでくださっている
ぼくと同じであまり余裕のない方(失礼な言い方でごめんなさい(謝)!)は、
住宅ローンの審査も満額で通りにくいです。

と言うことは、
あなたにとって、
固定金利の住宅ローンは賢くない選択だと思います。

そして実は、
固定金利が賢くない選択だと言う理由が、
他にもあるんです!

それはまた別の記事で、
詳しくご紹介します。

住宅ローン審査が有利になる信用作り!

住宅ローン審査に一番大事なのは、
あなたの信用です!

金融機関に信用してもらうためには、
資金計画書などを書面でしっかり提出するのが一番!

「でも作るのは大変だし、
素人が作った資金計画書で大丈夫なのかなぁ・・・?」

そんなあなたに、
こんなへんぴなところまでしっかり目を通してくれたあなたにだけ(笑)!
感謝をこめて、ぼくも利用した超使えるサービスをこっそり教えちゃいます!

資金計画書も含めた「家作り計画書」を、
なんと無料で作成してくれるうれしいサービスがあるんです!

最近ちょっと混み合ってて時間がかかるかもしれませんが、
それでも家作り計画書は作ってもらったほうが、最終的には夢への近道になりますよ!

作らないで泣きを見るより、作ってマイホームの夢に近づきましょ!

この記事はあなたのお役に立つことはできましたでしょうか?

もしこの記事が少しでもあなたのお役に立ちましたら、
何卒、応援クリックをよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!